PGC.journal

第2回講演

歯科の世界はこんなにおもしろい
-小児歯科診療から食育、口腔機能まで-

●日時:2022年10月16日(日)9:30~12:30
●講師:岡崎 好秀

講師からのメッセージ

演者は,診療終了後に小児を笑顔で帰すことを“心に貯金をする”と表現している。心に貯金をすると,いつまでも来てくれる患者になる。
これが小児歯科にとって,最も大切なことだと思い診療を行ってきた。
目の前の小児の診療をしながら,頭の中に80歳で28歯が残存している口腔を頭の中に思い描く。 泣き暴れていれば,“強制治療を行なえば良いのか?”,“トレーニングをしている間に齲蝕が進行しても良いのか?”。そして“どのように保護者に伝えれば,もっと歯に興味を持ってくれるのか?”,あるいは“どのように付き合えば,いつまでも来てくれる患者さんになるのか?”。さらには“対社会的にどのような活動をすれば,その目標が達成できるのか?”。こう考えると,一歯科医師として大切にすべきことが見えて来る。
ところで,“現代社会における成功”とは 何だろう? 演者は「楽しく・有意義に仕事をしながら食べていける」ことだと思う。歯科界は,以前と比べ厳しい状況にあるが,それが可能な数少ない仕事の一つである。そういう意味で“恵まれた仕事”であるし,この仕事に従事していることに感謝しなくてはならない。
でも毎日,診療室で患者さんの歯ばかり見ていると,自分の仕事の持つ意味が見えなくなりがちである。・・・ということで,今日は小児歯科診療や口腔機能発達不全症,さらに食育にまつわる深いイイ話,元気になる話をしながら,歯科医療の持つ意味について考えてみたい。

講演内容

  1. 今日の子どもは,明日の大人
  2. 私メッセージ・あなたメッセージ
  3. 何故,口呼吸が増えるのか?
  4. 乳歯列の変化 第1世代から第4世代まで
  5. 動物園の動物達も高齢化
  6. 赤いこいのぼりはいくつありますか?

略歴

1978年
愛知学院大学歯学部卒業
大阪大学小児歯科 医員
1984年~2014年
岡山大学歯学部小児歯科 講師(歯学博士 岡山大学)
2013年
国立モンゴル医学・科学大学 客員教授
2018年4月~2020年3月
岡山大学病院 スペシャルニーズ歯科センター 診療講師

所属学会

日本小児歯科学会:指導医
日本障害者歯科学会:認定医 評議員
日本口腔衛生学会:認定医
禁煙科学会:学術委員
国際歯科学士会(ICD)会員 

専門

小児歯科・障がい児歯科・健康教育

最近の文献

  1. 世界最強の歯科保健指導 上・中巻(下巻 執筆中) クインテッセンス出版
  2. 口の中はふしぎがいっぱい エピソードⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ 松風
  3. 小児歯科診療最前線! 子どもを泣かさない17の裏ワザ クインテッセンス出版
  4. 口腔機能育成外論  連載1~16 小児歯科臨床(2020.8~2021.10)
    他多数